『瀬戸内国際芸術祭 2019秋会期』粟島・伊吹島・高見島 3島巡りツアー

瀬戸内国際芸術祭 粟島

3年に一度開催される瀬戸内国際芸術祭“瀬戸芸”。
感動ものがたりツアーでは、夏会期・秋会期の合計4日間、ツアーを催行しました。
貸切チャーター船で、待ち時間もなくゆったりとした船内で目的の島へスムーズに渡ることができ、「こえび隊」ガイド付きということで多くの方にご予約いただきました!
台風で催行キャンセルになった日程もありましたが、10/22(火)、26(土)は晴天に恵まれて、船や島からの美しい風景も楽しむことができました。

伊吹島

伊吹島といえば香川が誇る「いりこ」の産地で全国的にも有名。讃岐うどんの出汁の主役ともいえるいりこ。とくに伊吹産いりこは香り高く美味しいと評判です!そんな伊吹島ですが、香川県人でも行ったことがない方も多く、今回のツアーで伊吹島へ行ったことは、お客様にとっても瀬戸芸の作品鑑賞だけでなく良い機会になったようです。

▼作品『パサング‐ふたつのものすべての中に』…「パサング」とはインドネシア語で潮流、またはペアを意味するそうです。インドネシア人で夫婦で活動する作家さんが、伊吹島の歴史資料で見つけた2枚の古い写真や地元漁師さんの木製の家形お守り「船霊(ふなだま)さん」から発想を得て、コスチュームや小屋のオブジェの作品を制作されています。瀬戸内国際芸術祭 伊吹島作品

▼作品『伊吹の樹』…伊吹島では、出産前後の女性が集団生活して家事から解放され養生する風習があり、その場所を出部屋(でべや)と呼んだそうです。その出部屋の跡地に木を植えるかのように子宮を表現して作られたこの作品。生命力を感じますね。
瀬戸内国際芸術祭 伊吹島作品 瀬戸芸 伊吹島作品
樹の中の大きな空洞全面に鏡が貼られていて、青空や緑を写し出し太陽の光で輝きます。この樹の中に立ってみれば、自然や空のパワーを浴びるような感覚になれますよ!
瀬戸内国際芸術祭 伊吹島作品

▼作品『トイレの家』…廃校の校庭に設置されたトイレ。建物に差し込む光が作り出す影が、迷路のような島の路地を連想させるイメージで制作されたようです。
瀬戸芸 伊吹島 作品

伊吹島の住宅の間の路地はまさに迷路のようでした!迷子になりそうになりながら民家の間に続く道を歩いて作品を巡りました。
島内はきつい坂道が多く、ひと汗かきました。
伊吹島の坂 伊吹島の坂
瀬戸内にはたくさんの猫がいる島が多いです。猫も坂の途中でひと休み。

参加者の皆様いりこの直売所で新鮮ないりこを購入されていました。

島の人々が大漁旗を振って船を見送ってくれる光景に感動しました!
伊吹島

粟島

伊吹島を出発して船内でお弁当を召し上がっていただきながら、約1時間で粟島に到着。
日本で初めて国立海員養成学校が設立され、多くの船乗りを輩出したという由緒ある島。美しい海とのどかな風景が広がり、国立粟島海員学校跡の「粟島海洋記念館」や旧粟島郵便局舎を使った「漂流郵便局」など、レトロな建物もフォトジェニック。
粟島からの景色

漂流郵便局には、届けたくても届けられない想いを綴った手紙が全国各地から届きます。「漂流郵便局留め」で宛先・送り主は不要。想いを書きとめるだけで心がすっきりするかも。
粟島漂流郵便局

▼『種は船プロジェクト』の船:「TANeFUNe」を偶然発見!粟島の海岸線を調査するというプロジェクトのため船は常時展示されているわけではありませんが、見ることができてラッキーでした!そして、この作品の作者:日比野克彦さんが私たちのツアー当日10/26に来島されていたそうです!
瀬戸内国際芸術祭 粟島

漁業で使われなくなったブイ(浮き)を再利用して制作されてる動物たち。植えられた花も美しく、畑の中のかわいい動物園でした。
瀬戸内国際芸術祭 粟島

高見島

粟島から約30分で高見島に到着。高見島は山に囲まれた土地がほとんどで、集落には坂道や石垣がたくさんあります。歩くのはこの島が一番ハードでしたが、のどかな風景や懐かしさを感じる雰囲気に癒されながら作品巡りを楽しむことができました。
 

蚊取り線香の主原料になる「除虫菊」の栽培で栄えた高見島。アート作品の中でも『除虫菊の家』は最も人気で、参加者の皆様も是非見たいとのことで急な坂を上って作品を目指されていました。

あまりレポート写真がありませんが…3島で約15の作品を見て廻りました。アート作品といっても屋内に展示されているものから建物自体が作品になっているもの、巨大なオブジェなど、様々なスケールの個性的な作品たちに出会える瀬戸芸。
毎回多くの人が訪れる魅力は行ってみて初めて体感できるものであり、また次回の開催がとても楽しみになりました!

チャーター船

帰り道は、船ならではの美しい風景に、歩き疲れも癒されました。白波を立てて進む船の後から眺める夕陽が素晴らしかったです!

船は瀬戸大橋の下をくぐります。
瀬戸大橋
真下から眺める瀬戸大橋は迫力満点!
瀬戸大橋

香川が誇る『瀬戸内国際芸術祭』。2010年からスタートし3年に一度開催され今回で4回目。今では外国人のお客様も多く、毎回多くの観光客が島々に訪れ賑わいます。
愛媛県出身の私は初めて参加しましたが、素晴らしいプロジェクトでありアートの魅力と奥深さを感じました。そして、瀬戸内の島々の豊かな自然や文化に触れることができたのが楽しかったです。瀬戸芸以外でゆっくりと島観光を楽しめるツアーを企画しようかと構想中…
今後も「感動ものがたり」ツアーにご期待ください!!

今回レポートしたツアーはこちら▼(ツアー催行日:2019.10.22・26)

終了*【香川】チャーター便で行く!瀬戸内国際芸術祭2019秋会期【伊吹島・粟島・高見島3島めぐり】

関連ツアー

  1. 多々羅大橋塔頂

    多々羅大橋塔頂・亀老山展望台・開山公園

  2. むろと廃校水族館・金目鯛・室戸岬・モネの庭

  3. UFOライン

    『UFOライン』天空ドライブ~『仁淀ブルー』 にこ淵・安居渓谷

  4. 桑田山 雪割桜

    満開!桑田山の雪割桜~仁淀ブルー中津渓谷

  5. 新春豪華歌の祭典2020

    『新春豪華歌の祭典2020』 S席鑑賞ツアー

  6. 伊勢神宮 内宮

    令和初の初詣!『伊勢神宮』外宮 内宮参り・おはらい町おかげ横丁

  7. 四国まんなか千年ものがたり 姫路城 香川県高松発日帰りツアー

    観光列車『四国まんなか千年ものがたり』乗車ツアー